最近の学びと挑戦

ファッション音痴だけど、ついにUNIQLOではないカシミアニットに辿り着けた話✨

ずっと、ずーーっと、
これぞというカシミアVネックニット
探し続けていて、、、

ついに探し方を見つけた!!!!

という話。。。😭

ネットで「定番」を探すの難しすぎ問題。

インターネットの業界で働くこと20年近く!なんなら「検索力」には多少の自信がある方だと、自負してたのですが、、、

ファッション系の検索、難しすぎて、もう無理ゲー状態!!

なんていうかファッションって、
ネットでググろうとすると、、、

とっかえひっかえしないといけない流行推しのファッション誌系の商品紹介系(amazonやzozoとかのSEOゴリゴリページも含む)

OR

はたまた「丁寧な暮らし」とかで、お手入れして長く着ましょう的な上級者すぎる特殊知識持ってる人向けの語ってる系

のどっちかしかない!!!
というイメージ。

ファッションには疎いけど、
毎年買い直さなくていいようなホントに定番の素材いいやつ、ただただ知識なくても探し方を知りたいだけなんですよ、、、

特に、理想の黒Vネックニットを、かれこれ5年・・・いや下手したら10年近く探してる気がするんですけど、結局毎年敗北して、UNIQLOのカシミアニットを購入。

いや品質は良いんだけど、テンション上がらぬのよ、、

という日々を送ってました。

服オタクな人はどこにいる?

ファッションの流行とかではなくて、
職人寄りな、いや、もはやオタクの気質と知識を持つ人に選んでもらう機会はないんだろうか、、

と、なんかそれっぽい対面系サービスとかも
検討してみようと思ったものの、、、

意外と欲しいVネックのこだわり強い。。でも伝えられる自信がない…

美容院とかでもそうだけど、コミュ障でリクエストをうまく伝えられない自信あるし。よくあるコミュニケーションの問題で「そうじゃない感」の結末になりそう予感大。

ググったりinstagram を漁っては、、レベル2のまま、この高難易度ミッションを前にして攻略方法を探す日々でした。

そうだ!noteで探そう!

ある日、ふとそれに気づいた私、グッジョブ!

そうだ!note!
まさにnoteこそ、そういうこだわりやオタク魂が詰まったところなのでは。。。

ちはやふるの末次由紀さん月額noteを応援購読してから、最近また、ちょくちょく見るようになってたnote。試しに「🔎カシミア」のキーワードで探してみたら、まさに欲しい一言を見つけました!

ある程度の年齢がいったならば、触って心地よいもの、そして何より素材自体が控えめに輝くような光沢のあるものを選ぶようにしましょう。

ウール類でいえばカシミアですし、コットンでいえばスーピマコットンや、海島綿などです。

誰も教えてくれなかったおしゃれのルール(アーカイブ)素材感|Naoko Kobayashi|note
誰も教えてくれなかったおしゃれのルール(アーカイブ)素材感|Naoko Kobayashi|note

続きを見る

読み漁っていくと、
本当にうなずくことばかり!

日本のアパレル業界には、何十年もキャリアのある女性はいるとしても、非常に少ないでしょう。労働時間が長く、結婚さえままならないような職場には、若いスタッフしかいないことがほとんどです。

誰も教えてくれなかったおしゃれのルール(アーカイブ)年を取って服が似合わなくなったと感じたら|Naoko Kobayashi|note
誰も教えてくれなかったおしゃれのルール(アーカイブ)年を取って服が似合わなくなったと感じたら|Naoko Kobayashi|note

続きを見る

ふむふむ!

そんな人たちに、45歳過ぎた女性に似合う質感やスタイル、素材など、想像もできないし、わからないのです。

年を取って、ある日、すべてが似合わないと感じる多くの方は、そんな若い方が作っている服を着てはいないでしょうか?

自分の年齢と同じぐらいか、またそれより上のスタッフのいるブランドは、ありますが、日本では少数派です。

しかし、そういったスタッフが作ったものでないと、その年代にふさわしい質感とスタイル、カットの服は作れないのです。

そう!そんな気がする!!

そんな凄いオシャレがしたいわけじゃなくて。
(だって分からないから)

"似合わない何か"を避けたいという、ただそれだけの願望なのですよ。

ということで、noteで探すのアリだな!と。

 

見つけた!amazonで買える!

最終的にnoteを漁って見つけたカシミアのニットは、この記事にあったやつ。
ファッション猛者な感じのする深みのある知識からの流れで紹介されていました。

これさえあればご機嫌♡わたしを大切に包んでくれる「奮発ニット」|MIKI SUGIMOTO | アートディレクター|note
これさえあればご機嫌♡わたしを大切に包んでくれる「奮発ニット」|MIKI SUGIMOTO | アートディレクター|note

続きを見る

日本製……五泉市…ニットの産地…職人。
そして長く着るためのこだわり。
どれも素敵な響きばかり。

Amazonでこれまで(適当な検索で)買った服は失敗続きだったので、届くまでは正直ドキドキでしたが、、、

肌触りがすごくいい!!

日本一のニット産地!Gosen Knit!
そう、そういうのを求めていたんです。嬉しい。高まりまくる期待✨✨

Amazonでは黒Vネックは2種類あって、1x1リブという記載があるもの(LLサイズがある)と特に記載がなかったもの。それぞれ買ってみました。

Lサイズの方(記載がなかったやつ。ハイゲージ?)

LLサイズの方(1x1リブという記載があったもの)

写真を撮ってみたものの・・・正直、違いはよく分からず、、、。
あとVネックの深さの違いもパッと試着した感じはよく分かりませんでした。

着丈や袖長さは、LLの方が好み!

LLだとウルトラライトダウンを着た時に、裾がはみ出てしまうのはあるけど、腰の半分ぐらいを覆う感じの着丈がわりと好みでいい感じ!

LLサイズの方で、ネイビーも追加購入しました!

着てる時の至福感MAX✨✨

とにかく着心地も含めて、

着てる時の幸福感がMAX!

これです、これ!
UNIQLOのカシミアもあったかいし、品質もコスパも良いのだけど、、、

「妥協とかでなく、選んで買ったやつ」的な喜びというか。手垢のついたマーケティングぽい言い方すれば「ストーリーで買う」というのは、こういうことなのかなと思ったりしました。

素材のことを(少しだけ)知識をつけて、日本一のニット産地な場所で作られた、技術が高い(そうな)品質の高いモノを身につける!

 

実際のところは、見る目を養ったわけではサラサラないので、この品質が本当に良いモノなのかはしばらく…または数年着てみないと、なんとも言えないことかもしれないけど。

でも「少し光沢感のある素材を着ている自分」に満足感がすごくあるし、今までよりずっと心地よくspark joy✨な感じなのです。

トキメキの声に従って、
モノを(捨てるのではなく)増やしちゃってるケド!

ちなみに古いUNIQLOカシミアニットは(すぐ捨てるのはさすがにもったいなく)いったん紙袋にたたんで収納しておきました。こんまりメソッド!
ホント、spark joy✨✨!めっちゃ幸福な気分です。

軽くて暖かくて。
今年はいつもより少し薄着で過ごせちゃいそうです!
買ってよかった♡

  • この記事を書いた人

parfum(ぐだぐだ暮らし)

【主婦ゆるめフリーランス歴2年】旅と食とゆるいお絵描き属性。いつかコミックエッセイ描きたい&夫婦でスペイン住みたい。ときどき思い出したようにミニマリストに憧れるズボラリスト。そろそろ肝臓腎臓が心配な41才。”いつも楽しそう”を心のモットーに。[本業✏…Webディレクター|映像制作|イラスト|漫画|企画|データ分析 etc.]

-最近の学びと挑戦
-